月別: 2017年11月

自分の歯ぎしりでおきてしまうことがあり睡眠の質が低い

いびき、歯ぎしり、夜中に起きてしまう事がある。

寝られれば疲れはとれるのですが、寝てる途中でいびきであったり歯ぎしりで周りの人にも不快感を与えてしまう。

また、歯ぎしりで自分の歯を削ってしまい自分の歯がボロボロになってしまっている。
いびきと歯ぎしりのせいか眠り自体があさい気がする、自分の歯ぎしり、いびきで起きてしまう事がたびたびある。

睡眠時間は平均5時間で睡眠時間は足りていない気がする現在のところは若いから異常をきたしていないが、ここから歳を重ねていけば若い時のつけがきて体、頭に異常をきたすような気がしてならない。

睡眠そのものより、睡眠時間の確保の方が難しく悩みである、やる事、やらなければいけない事があるような気がしてなかなか寝る準備をする事が出来ず、寝室へ行く時間が遅くなってしまい結果的に睡眠時間が確保できていない。

歯ぎしり、いびきも悩みではあるが睡眠時間、睡眠の質を高める事が早急の課題であり一番の悩み。

 

ストレスをためないように心がけ、マウスピースで歯ぎしりを予防

自分の日常生活を見直していって、無駄な時間、明日以降でも良いことは明日以降に行うなど生活の改善、見直しを行い睡眠時間を確保する。

睡眠の質を高める為に、ストレスを溜めないように心がけ、寝ている途中で目が覚めることがないようにする。

また、歯ぎしりはマウスピースをはめるなどの対策をとり、自分の歯をまもるとともに自分の歯ぎしりで目が覚めることがないようにする。

いびきは無呼吸症候群の可能性があると聞いたので、専門医に診てもらい相談し、治療する。

寝る前から目を休ませておくことが良質な睡眠へ繋がるという話を聞いたので、パソコン、携帯電話、テレビ、ゲームなどの目を酷使するものは睡眠の数時間前から控えていき目を十分に休ませてから就寝するよう心がける。

無呼吸症候群 改善 サプリ

 

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !